専門学校
【幼児教育専門学校】聖徳フレッシュアップデイを実施

4月13日(土)に「聖徳フレッシュアップデイ」を実施しました。

今年で17回目を迎えるこの行事の目的は、新入生が在校生との交流を通して、これからの学びの意欲を高めること、キャリア支援では保育者である卒業生から話を聴き、新入生は学校生活における目標、夢実現までの行動を考えるきっかけとすること、在校生は卒業後のキャリアをイメージして社会人になる意識を持つことにあります。

開会式後は、「実践を振り返って~日々目標を持って取り組む~」をテーマに、都内の幼稚園に勤務している卒業生に講演いただきました。本校で学んだことが就職してからどのように役立ったか、幼稚園で働くことで自分がどれだけ成長したか、管理職になってからの苦労といった話を在校生は真剣に聞き入っていました。また質疑応答やリアルタイムアンケートサービスを利用した学生全員との交流では、学生は目を輝かせて卒業生の姿を見ていました。

続いて危機管理についての説明があり、地震や火災などの災害への日頃の準備や発生した際の対応手順が示されました。その後、防災訓練として地震(震度5強)発生を想定した初期対応と一次避難場所への移動の訓練が行われました。これらは学校や職場などで日頃の防災対策を確認するために必要な訓練です。

後半は、1部生と2部生に分かれて異学年交流会を実施しました。上級生による新入生を歓迎する、ピアノ・ヴァイオリン・フルートによる演奏、ピアノ演奏後は、グループに分かれて上級生と新入生の交流会が行われました。授業、実習、行事など学校生活を続けていく上で必要なアドバイスを新入生は熱心に聞いていました。

ナビゲーションの始まり

グローバル
特待制度
オープン
キャンパス
受験生
応援サイト