学生生活を充実して有意義に過ごすためには、心身ともに健康であることが大切です。それぞれ専門家が対応していますので、気軽にご利用してください(個人の秘密は厳守されます)。

保健センター

保健室(6号館1階)

学内で急病やけがをした場合、看護師が応急処置をします。 緊急の受診に備えて、日頃から健康保険証(コピー可)を必ず携帯してください。
◆AED(自動体外式除細動器)設置場所: 5号館 1階入口、保健室 (6 号館 1階)

相談室(6号館2階)

こころと身体、心配ごと、病気や障害のために、学校生活に支障がある場合にご相談ください。専門スタッフが、自分で健康管理ができるように支援をします。
  1. 1. 健康相談(6205 研究室)
    健康に関する心配事や悩みがある場合にご相談ください。改善に向けて生活方法を一緒に考え、必要に応じて医療機関を紹介します。また、運動機能・視力・聴力・言語等において学生生活に支障がある場合もご相談ください。
  2. 2. こころの相談(カウンセリングルーム:6201 ・6202 ・6206 研究室)
    対人関係、学業、進路、自分自身のこと等、学生生活における悩みがある場合にご相談ください。カウンセラー(臨床心理士)が、あなたの悩みを一緒に考えていきます。
  3. 3. 栄養相談(6205研究室)
    貧血、食事に気をつけて痩せたい等、栄養に関する悩みがある場合にご相談ください。管理栄養士が、あなたの悩みを一緒に考えていきます。

保健センターだより「けんこう」(年3回発行)

毎回「テーマ」を決めて、医師、栄養士、臨床心理士、保健師、看護師、養護教諭、薬剤師等の先生が執筆し、各専門分野に新しい知識を発信しています。
※学内Web ポータルシステム Active Academyに掲載されます。

ナビゲーションの始まり