グローバル化の理念

政治・経済・文化のグローバル化が進み、個人・社会の価値観が多様化・複雑化する現代社会においては、自立した女性として、家庭をはじめ世界の様々な分野において、凛として生きぬいていくための豊かな教養、高い専門性をそなえた実践力、他者を思いやる協調性がますます求められています。

東京聖徳学園は、創立以来80年以上にわたり、「和」の精神を建学の理念とし、伝統文化の様式と真髄を体得し、同時に、この理念を社会に創造的に活かし、自立する力を育む女性総合大学を中心として時代をリードする教育環境を構築しています。

聖徳大学・聖徳大学短期大学部は、この教育環境のもとで、学園の伝統である人間教育を、グローバル化社会に通用する水準へさらに高め、豊かな人間性を発揮し調和あるグローバル化社会の発展に貢献できる能力をそなえた人材を育成することを目指します。

聖徳大学グローバル化ヴィジョン概念図

豊かな人間性を発揮し調和あるグローバル化社会の発展に貢献

● 知識基盤社会におけるグローバル化に対応した教育環境での学び
● 持続的な自己成長と高い自己形成への意欲を実感できる学び

ナビゲーションの始まり