3月26日(火)、短大保育科の学生有志「まつどソング研究グループ」が松戸市戸定歴史館と連携して徳川昭武を主人公とした絵本の完成報告を行いました

3月26日(火)、短大保育科の学生有志「まつどソング研究グループ」が松戸市戸定歴史館と連携して徳川昭武を主人公とした絵本『とくがわあきたけ-まつどにくらしたおとのさま-の完成報告を行いました。

学生たちが制作した絵本にはさまざまな工夫がされており、完成度の高さに圧倒されるばかりでした。学生たちは「とくがわあきたけがフランス・パリに行った当時、パリがどのような様子だったかを調べるのが大変だった」とお話ししていました。

今後、この絵本は松戸市内の幼稚園や保育園等に1部ずつ配布される予定です。

その後、学生たちは先生方の前で絵本の完成報告をいたしました。絵本に掲載されている手あそびうたを披露した時には、先生方から歓声が上がっていました。
※手あそびうたを披露した様子(動画)はこちら

3月30日(土)には、短大保育科の学生有志「まつどソング研究グループ」がこの絵本を使った読み聞かせを開催いたします。ぜひお越しください。
※このイベントの詳細はこちら

 

(関連記事)
3月30日(土)、短大保育科の学生有志「まつどソング研究グループ」が松戸市戸定歴史館と連携して制作した、徳川昭武を主人公とした新作絵本『とくがわあきたけ – まつどにくらしたおとのさま – 』の読み聞かせを戸定邸で開催いたします
2月20日(火)、短期大学保育科、児童学研究所が松戸市から松戸市制施行80周年記念感謝状を贈られました
11月23日(木・祝)、保育科の学生有志「まつどソング研究グループ」が「戸定邸で遊ぼう!〜こんにちは!あきたけさん〜」を開催いたしました

(短大保育科ホームページ)
絵本作り準備編
昨年の戸定邸イベントでの様子
まつどソング 絵本づくりの挑戦【仕上げ編】
まつどソング 絵本作りの挑戦 【撮影編】

ナビゲーションの始まり

グローバル
特待制度
オープン
キャンパス
WEB出願