11月23日(木・祝)、保育科の学生有志「まつどソング研究グループ」が「戸定邸で遊ぼう!〜こんにちは!あきたけさん〜」を開催いたしました

11月23日(木・祝)、保育科学生有志による「まつどソング研究グループ」が戸定が丘歴史公園にて「戸定邸で遊ぼう!〜こんにちは!あきたけさん〜」を開催しました。好評だった昨年に引き続き開催された今年は、戸定歴史館からプリンストクガワ昭武を主人公とした絵本制作を依頼され、プレイベントとして制作途中の絵本を初披露しました。
最初に子どもたちは、歴史公園内に設置された3つのポイントを周り、透明なカップにビーズ、リボン、時計の針といったパーツを集め、「かいちゅうどけい」を製作。美しい紅葉の庭内を周り、作り上げたオリジナルの懐中時計を首にぶら下げて満足げな様子でした。その後戸定邸内に場所を移し、絵本から飛び出した昭武役の学生から、プリンス・トクガワのことを教えてもらい、新作「あきたけさんの手あそびうた」を歌いながら、徳川昭武に親しみを持ちました。最後に製作した懐中時計をクルクル回すと現代の戸定邸にタイムスリップ!あきたけさんは幻だったのでしょうか。昭武に出会った子どもたちはすっかり絵本の世界に入り込み、戸定邸でのひと時を楽しんだ様子でした。

ナビゲーションの始まり

グローバル
特待制度
オープン
キャンパス
WEB出願