10/28(土)特別支援教育フォーラム2023を開催いたします

特別支援教育フォーラム2023「特別支援教育の未来を考える ~「通常の学級」とつながる「特別支援学級」・「通級による指導」の実践~」を下記のとおり開催します。

【日 時】10月28日(土) 13:30~16:40
【場 所】聖徳大学 7号館1階7101教室、Zoomによるオンライン同時開催
【内 容】小・中学校、高等学校において、特別な支援を必要としている子供が増加し、特別支援教育の重要性が改めて認識されています。障害がある子供は、障害による困難さから、失敗経験が多くなったり周囲から注意を受けたりすることにより、自己肯定感が低い場合があります。特別支援教育の要である自立活動は、子供一人一人の障害の状態等に応じた目標や指導内容を設定し、指導方法を工夫しながら行います。それにより、子供たちはできることが増えるだけではなく、自分の苦手なことや必要な支援を理解し、周囲に働きかけながら行動できるようにもなります。また、自分の強みを生かすことができるよう配慮することにより、子供たちも自信をもって学習活動に取り組むことができるようになります。
そこで、本年度は小・中学校、高等学校における「自立活動」に焦点を当てた取組を紹介します。特別支援学級や通級による指導における自立活動の成果や実施する際の留意点等はもちろんのこと、教師の専門性の向上や教師を支える校内支援体制の工夫など、通常の学級の実践にもつなぐことができる内容を取り上げます。本フォーラムが、皆様が抱える課題に迫り、その課題解決の一助につながれば幸いです。

基調講演「小・中・高等学校における特別支援教育を担う教師の専門性向上のために」
文部科学省 初等中等教育局 視学官 菅野 和彦

シンポジウム「小・中・高等学校における特別支援教育の充実を目指して」
■シンポジスト
茂原市立萩原小学校          教諭(小学校:通級による指導担当)        鈴木 あやか
君津市立南子安小学校       教諭(小学校:特別支援学級担任)           宮越 淳
船橋市立法田中学校          教諭(中学校:特別支援学級担任)           武田 芳樹
千葉県立佐原高等学校       教諭(高等学校:通級による指導担当)   古山 勝

■コーディネーター
千葉県教育庁教育振興部特別支援教育課 課長 杉村 哲
【主 催】聖徳大学
【共 催】千葉県教育委員会
【後 援】千葉県特別支援学級・通級指導教室設置校校長会、千葉県特別支援教育研究連盟、千葉県特別支援学校長会、松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、我孫子市教育委員会、流山市教育委員会、野田市教育委員会、鎌ケ谷市教育委員会、船橋市教育委員会、習志野市教育委員会、八千代市教育委員会
【参加費】無料(要事前申し込み)
【定 員】会場100名、オンライン500名
【申込方法】
・事前に[申し込みフォーム]にアクセスしてお申し込みください。
※「@zoom.us」「@wa.seitoku.ac.jp」のドメインからのメールを受信できるようにあらかじめ設定をお願いします。

▼本件に関するお申し込み・お問い合わせ先
聖徳大学教育支援課
住所:〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550
TEL:047-365-1111(大代表)

ナビゲーションの始まり

グローバル
特待制度
オープン
キャンパス
WEB出願