「THE TOP INTERVIEW」学生がSOMPOケア株式会社代表取締役会長CEOを訪問

本学では、学生が自分のキャリア形成に主体的に取り組めるよう、キャリア支援課を中心に「Business Field Linkage」などのプログラムに取り組み、実就職率97.4%(全国女子大1位)を達成しています。

8月4日(木)には、その一環として「THE TOP INTERVIEW」と題し、学生たちがSOMPOケア株式会社本社を訪問し、代表取締役会長CEO遠藤健氏から業界や企業を牽引するTOPの考え方や成功事例を伺いました。

当日は、人手不足と言われる介護業界において、「介護プライド」という理念のもと、働く人の処遇改善や教育の充実に力を入れ、介護職の社会的地位の向上のために尽力する考え方や、介護の未来についてお話を伺いました。

 

参加した学生は、学年も学部もさまざまな25名(オンライン参加13名含む)。福祉の分野や企業の総合職を志す多岐にわたる学生たちが、それぞれの目的・視点から遠藤会長の講演に熱心に耳を傾けていました。

講演後には、本社ビルに隣接する施設「Future Care Lab in Japan」を見学し、同社が誇る最先端の❝IT×介護❞設備の数々を紹介していただきました。

 

「高齢者の人生の終盤に彩りをそえること」。講演で遠藤会長が話されたこの言葉が印象的で、人と人との繋がりを大切にするサービスのすべてが集約されていると感じました。お忙しい中、機会を設けてくださった遠藤会長をはじめSOMPOケアの皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

ナビゲーションの始まり