聖徳大学看護学研究所・上智大学生命倫理研究所共催
2021年度シンポジウム「高齢者の終末期療養 ~意思決定支援を考える~」を開催

 聖徳大学看護学研究所・上智大学生命倫理研究所共催 2021年度シンポジウム「高齢者の終末期療養 ~意思決定支援を考える~」を、3月19日(土)聖徳大学香順メディアホールで開催しました。
 その様子をご紹介いたします。

◆開会の挨拶
 増井 三夫(聖徳大学副学長)

◆「予測しきれない最期-ACPをどう活かすのか」
 水戸 美津子(聖徳大学学長補佐(看護教育担当)、聖徳大学大学院看護学研究科長、聖徳大学看護学部長)
 

◆「高齢の家族の看取りをしてACPについて考えたこと」
 小長谷 百絵(上智大学総合人間科学部看護学科教授)
 

◆「高齢者療養施設の意思決定支援の現状と課題」
 東森 由香(社会福祉法人小田原福祉会特別養護老人ホーム潤生園施設看護部部長)
 

◆ディスカッション
   

◆閉会の挨拶
 浅見 昇吾(上智大学生命倫理研究所長)

◆関係者記念撮影

ナビゲーションの始まり