千葉県立行徳高等学校と高大連携に関する協定を締結

聖徳大学ならびに聖徳大学短期大学部は1月23日(木)、千葉県立行徳高等学校(池田浩二校長/市川市)と高大連携に関する協定を締結しました。
本協定は、高校と大学の相互交流・連携を通じて、高校生の視野を広げ、進路に対する意識や学習意欲を高めるとともに、大学の求める学生像および教育内容への理解を深め、かつ高校教育・大学教育の相互理解を深めることを目的とするもので、本学が千葉県内の高校と連携協定を締結するのは、11校目となります。

締結式において、池田校長は「これまで聖徳大学とは、生徒たちのキャリア教育や家庭科の授業において連携を図ってきた。この協定をもとに本校の生徒たちにとって本物に触れる機会を増やしていき、さらなる学びの環境の充実に繋げていきたい」と意気込みを見せました。
また、川並弘純学長は「真の意味での高大接続を図り、シームレスな学びの環境というものを模索していきたい。この協定が、行徳高校のさらなる成長につながり、本学にフィードバックされることを願っている」と期待を寄せました。


協定を交わす池田浩二校長(左)と川並弘純学長(行徳高校にて)

ナビゲーションの始まり