2/12(土)「第16回子どもの発達シンポジウム」をオンラインにて開催します

第16回子どもの発達シンポジウム「新型コロナウイルス感染症が子どもの生活に及ぼした影響~とくに心の問題を中心に~」を下記のとおり開催いたします。

【日  時】2月12日(土) 13:00~17:00
【演  題】「新型コロナウイルス感染症が子どもの生活に及ぼした影響 ~とくに心の問題を中心に~」
【開催方法】「Zoom」によるオンライン配信
【プログラム】
●講演
・「新型コロナウイルスと子どものストレスについて」
   田中 恭子(国立成育医療研究センター児童・思春期リエゾン診療科部長)
・「新型コロナウイルス感染症と幼児教育現場の2年間」
   川並 珠緒(聖徳大学附属四幼稚園 園長)
・「地域の小児科医から見えた新型コロナウイルス感染症と子ども・家族の生活」
   内海 裕美(吉村小児科(文京区)、日本小児科医会業務執行理事、小石川医師会会長)
●パネルディスカッション「新型コロナウイルス感染症パンデミックによる社会の変化が子どもの生活、とくに心の問題にどう影響したかについて議論を深めます。」
【定  員】100名
【参 加 費】無料
【申込方法】下記の申し込みフォームよりお申し込みください
  申込フォーム:https://forms.office.com/r/rzbSmMwxu4
  ※お申し込み後、ご登録いただいたメールアドレス宛にZoomのURL等のご案内メールをお送りします。
  「@wa.seitoku.ac.jp」のドメインからのメールを受信できるように設定をお願いします。
  受付完了メールが届かない場合は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。
【申込期限】2月9日(水)
【主  催】聖徳大学児童学研究所
【協  力】聖徳大学大学院児童学研究科、聖徳大学児童学部
【後  援】松戸市、松戸市教育委員会

《問い合わせ先》聖徳大学 児童学研究所(知財戦略課)
  〒271-8555千葉県松戸市岩瀬550
  TEL:047-365-1111(大代表)

ナビゲーションの始まり