緊急事態宣言延長に伴う本学の対応について(9月14日17時45分更新)

令和3年9月14日

学生の皆さん

緊急事態宣言延長に伴う本学の対応について

 

聖徳大学・聖徳大学短期大学部

 

緊急事態宣言が9月30日まで延長したことに伴い本学としては学生の皆さんの安全・安心のため、人流を減らすという観点から以下のように対応をします。特に皆さんには「まったく新しいウイルス」という考えのもとに対応が必要という意識をもって対応してください

 

  • 秋学期の授業について

9月20日(月)~9月30日(木)まで一部対面授業を開始します。学科により対応が異なりますので学科からの連絡をよく確認してください。

 

  • 入構制限の期間について

9月20日(月)~9月30日(木)までは対面授業以外の入構は許可制といたします。

月~金:8:30~17:30

 土 :8:30~15:00

入構希望の方は事前に各担当部門に連絡の上、入構許可を受けてください。入構時には必ず守衛所に申し出てください。

 

  • 図書館利用について

9月20日(月)~9月30日(木)

月~金:8:45~17:00

 土 :8:45~14:30

前日までに利用の申し出をお願いします。

 

  • ピアノ練習室の利用について

担当の先生に相談いただき許可された場合に利用できます。

詳しくは先生からの連絡を確認してください。

 

  • 課外活動・クラブ同好会活動について

引き続き原則活動中止とします。

※感染力の極めて高い新型コロナウイルスの変異株による感染急増に伴い、これまでのウイルスとは比較できないような感染拡大が起きております。ワクチンを接種したとしても感染しないということではなく、各自が感染対策をしていただくことが重要です。また、報道でも報告されているように人流をいかに減らすかということが大事であり、行動をすることによりどこで感染をするかわからない状況です。本学では大学拠点接種によるワクチン接種も終了しましたので、対面の必要性のある授業については一部先行して実施していくこととします。なお、個々の状況により出席できない場合にはハイブリッドでの対応をしますので安心していただきたいと思います。詳しくは学科とご相談ください。

本学としては「まったく新しいウイルス」という考えのもとに対応が必要であると考え、学生の皆さんの行動を減らす観点から、大学キャンパス内への入構を制限させていただくことで人流を減らしたいと考えています。

保健センターから後日「新しい行動様式」をご案内しますが、マスクは不織布を使用、手洗い、換気、ソーシャルディスタンス、使用場所の消毒等、今まで以上に徹底をお願いします。これらの点を踏まえて早く正常な大学生活につなげていくことを考えていきますので皆さんのご協力をお願いします。

ナビゲーションの始まり