新型コロナウイルス感染急拡大に伴う本学の対応について(8月23日16時45分更新)

令和3年8月23日

学生の皆さん

 

新型コロナウイルス感染急拡大に伴う本学の対応について

 

聖徳大学・聖徳大学短期大学部

 

新型コロナウイルス感染者急増に伴い、千葉県も過去最多を記録するなど感染拡大が起きています。「まったく新しいウイルス」という考えのもとに対応が必要といわれており、本学としては学生の皆さんの安全・安心のため、人流を減らすという観点から以下のように対応をします。

●入構制限の期間について
 8月24日(火)から9月18日(土)までといたします。
図書館は閉館し、ピアノ練習室の貸出しも行いません。なお、入構制限期間中の集中講義、補講等(課外授業も含め)はすべて延期となります。
これは、本学で行っている2回目の接種に伴い、新型コロナワクチンの大学拠点接種が8月24日(火)から9月8日(水)まで行われますが、ワクチンについては接種をすればすぐに効果が出るというわけではなく、抗体ができ効果が出るまで期間が必要になります。そのため入構制限の日数を考慮させていただきました。
学生の皆さんの中には入構が必要な用件もあるかと思いますが、入構希望の方は事前に各担当部門に連絡の上、入構許可を受けてください。

●学内における大学拠点ワクチン接種について
ワクチン接種については1回だけの接種では十分な効果が得られませんので、2回目の接種を必ず受けてください。(1回だけの接種ではデルタ株の感染抑制に十分な効果が得られず(31%)、2回接種で88%と90%近くの感染抑制効果があります)
2回目の予約をされている方は通常の検温所を通らず、直接接種会場(体育館)へおいでください。(入口で検温を実施します)接種終了後はすみやかに帰宅してください。
※ワクチン接種後も、引き続き感染予防対策を継続してください。

●秋学期の授業について
 9月11日(土)から9月18日(土)まで、原則オンライン授業としてスタートします。
なお、9月18日以降の対応については感染状況を踏まえて後日ご連絡をします。

●外部実習等について
学外の実習については、実習先の受け入れに従っての対応となります。
詳細は実習支援課へお願いします。

●課外活動・クラブ同好会活動について
原則活動中止とします。
※感染力の極めて高い新型コロナウイルスの変異株による感染急増に伴い、感染者数は高止まりとなっており、これまでのウイルスとは比較できないような感染拡大が起きております。学生の皆さんは各自注意をしながら感染対策をしていただいておりますが、これまでのように感染対策さえしていれば感染しないという状況ではなくなってきたといえます。各報道でも報告されているように人流をいかに減らすかという事が大事であり、行動をすることによりどこで感染をするかわからない状況です。
本学としては「まったく新しいウイルス」という考えのもとに対応が必要であると考え、学生の皆さんの行動を減らす観点から、大学キャンパス内へのすべての入構を制限させていただくことで人流を減らしたいと考えています。
保健センターから後日「新しい行動様式」をご案内しますが、マスクは不織布を使用、手洗い、換気、ソーシャルディスタンス、使用場所の消毒等、今まで以上に徹底をお願いします。これらの点を踏まえて早く正常な大学生活につなげていくことを考えていきますので皆さんのご協力をお願いします。

ナビゲーションの始まり