5月12日(日)、UR都市機構主催「ときわだいらの森 ふれあいフェア」でおはなし会を開催いたしました

5月12日(日)、UR都市機構主催「ときわだいらの森 ふれあいフェア」に、児童学科の学生たちが参加しました。このイベントは、常盤平団地の活性化を目的として実施されたものです。

本学の学生たちは、大きな欅の木の下で「パネルシアター」と「紙芝居」を行い、さまざまな世代の方が楽しんでいって下さいました。お話会中に、学生の膝の上から離れない子どもが何人もいたことが、非常に印象的でした。

授業で学んだことを、地域社会で実践してみて、思い通りにならない場面も当然ありました。しかし、学生たちはその都度、工夫をしながら実践をしており、短い時間でしたが、確かな成長を感じました。今後も、地域と連携した学びを展開していきたいと考えています。

(関連ページ)
教育学部児童学科ページ
5月12日(日)、ときわだいらの森 第2回「ふれあいフェア」に学生が参加します

 

ナビゲーションの始まり

グローバル
特待制度
オープン
キャンパス
受験生
応援サイト