令和3年度春学期授業の実施方針等について(4月1日15時00分更新)

学生の皆様

聖徳大学・聖徳大学短期大学部
学生部

令和3年度春学期授業の実施方針等について

 令和3年度春学期の授業については、現在の新型コロナウイルス感染症の感染状況が未だ落ち着きを見せていないことから、学部・学科の在籍者数、授業の方法(講義・演習・実験・実習・実技)等を勘案して、対面授業とオンライン授業を併用して実施します。

 なお、対面授業を基本として行う科目につきましても、新型コロナウイルス感染症に係る健康上の理由等により出席できない事情のある学生に対しては、個々の事情に配慮して、対面授業の同時中継またはオンデマンド配信等により学びをフォローします。

 同時に学内においては、対面授業とオンライン授業を学内で受講しやすくするため、7号館の普通教室を中心にWi-Fiのアクセスポイントを設置するなどICT環境の拡充も進めており、秋学期授業開始前には設置工事が完了する予定です。また、図書館、メディアパークのPC等についても、アクリル板の設置や換気などによる感染防止対策を講じており、利用が可能となっておりますので、積極的に学習にご活用ください。

 このような春学期の授業の実施方針等については、対面で実施する在学生オリエンテーション及び新入生オリエンテーションで学部ごとに詳しく説明させていただきます。

ナビゲーションの始まり