3/25(木)比較言語文化意味論シンポジウムをオンラインで開催します

聖徳大学言語文化研究所主催 比較言語文化意味論シンポジウムを下記のとおり開催します。
今回は「互いの文化は他の文化にどのようなイメージを持っているか?」という観点から、自文化から他文化を眺め、そこにどのような問題があるかを概観します。
もとより他文化とは言っても、親しくとらえている文化と、日頃は縁遠い文化とがあり、一律に均等な認識とはなりませんが、そのことをも含めて現状の他文化への認識を互いに話し合います。近視眼的ではなく、歴史的、巨視的な眼差しからこの問題を直視します。

【日 時】3月25日(木) 13:00~16:00
【テーマ】互いの文化は他の文化にどのようなイメージを持っているか?―日本・フランス・ブラジル・中国―
【司 会】北村 弘明(聖徳大学言語文化研究所長)
【パネラー】
 ・近藤 圭一(聖徳大学言語文化研究所准教授)
 ・クリスティアン・ブティエ(聖徳大学言語文化研究所准教授)
 ・アダウト・ジニーズ(聖徳大学語学教育センター准教授)
 ・李 哲権(聖徳大学文学部文学科准教授)
【開催方法】「Zoom」によるオンライン配信
【定 員】100名
【参加費】無料
【申込方法】下記フォームよりお申し込みください。
申し込みフォーム
※お申し込み後、7日以内にご登録いただいたメールアドレス宛にZoomのURL等のご案内メールをお送りします。「@wa.seitoku.ac.jp」のドメインからのメールを受信できるように設定をお願いします。ご案内メールが届かない場合は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。
【申込期限】3月19日(金)
【主 催】聖徳大学言語文化研究所
【後 援】松戸市教育委員会、柏市教育委員会

▼シンポジウムに関する問い合わせ先
聖徳大学言語文化研究所(知財戦略課)
住所:〒271-8555千葉県松戸市岩瀬550
TEL:047-365-1111(大代表)

ナビゲーションの始まり