3/20(土)言語文化研究所主催講演会「ファンタジーを通して子ども・家族・いのちを考える」をオンラインで開催します

聖徳大学言語文化研究所主催講演会「ファンタジーを通して子ども・家族・いのちを考える―上橋菜穂子が紡ぐもうひとつの世界―」を下記のとおり開催します。
『精霊の守り人』『獣の奏者』『鹿の王』で知られる上橋菜穂子氏は、小学生からお年寄りまで実に幅広い読者を獲得し魅了し続けています。高いエンターテイメント性と同時に生きることの意味をさりげなく見せてくれる上橋の物語の魅力を探ります。

【日 時】 3月20日(土) 13:30~15:00
【演 題】 「ファンタジーを通して子ども・家族・いのちを考える―上橋菜穂子が紡ぐもうひとつの世界―」
【開催方法】 Zoomによるオンライン配信
【講 師】 村山 隆雄 (聖徳大学川並弘昭図書館長、聖徳博物館長、聖徳大学文学部文学科教授)
【定 員】 100名
【参加費】 無料
【申込方法】 下記フォームよりお申し込みください。
申し込みフォーム
※お申し込み後、7日以内にご登録いただいたメールアドレス宛にZoomのURL等のご案内メールをお送りします。「@wa.seitoku.ac.jp」のドメインからのメールを受信できるように設定をお願いします。ご案内メールが届かない場合は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。
【申込期限】 3月14日(日)
【主 催】 聖徳大学言語文化研究所
【協 力】 聖徳大学文学部
【後 援】 松戸市教育委員会、柏市教育委員会

▼講演会に関する問い合わせ先
聖徳大学 言語文化研究所(知財戦略課)
住所:〒271-8555千葉県松戸市岩瀬550
TEL:047-365-1111(大代表)

ナビゲーションの始まり