学生記者チームが新聞づくりを体験する「2020 CHIBA UNIVERSITY PRESS」で優秀賞

本学の学生たちが、新聞づくりを体験する「2020 CHIBA UNIVERSITY PRESS」(主催:千葉日報社)に参加し、優秀賞を受賞しました。参加した4名は「シェアすることで広がる交流」をテーマに紙面を企画。コロナ禍だからこそ必要とされるシェアビジネスに着眼し、実際にシェアハウスに住むなどして取材活動を行い、その魅力に迫ったことが受賞につながりました。
 
「CHIBA UNIVERSITY PRESS」は、学生記者が現代の大学生のニュース感覚や問題意識、感性を生かしてそれぞれ特色ある紙面づくりを体験する企画です。今年度は千葉県内4大学が参加し、本学からは、吉田さくらさん(児童学部4年)、増井友美さん(文学部3年)、須貝委寧さん(文学部3年)、吉田純乃さん(文学部2年)の4名がチームで参加しました。

当初の企画では、コロナ禍を取材する予定でしたが、暗いニュースにあふれる今だからこそ前向きなものにしたいと、途中でテーマを変更。授業のオンライン化により、クラスメイトと空間を共有することの重要性を感じた経験から、「人とのつながり」について紙面に取り上げることにしました。

着目したのはシェアビジネス。ITの普及により、モノの有効活用や消費者の節約志向が高まり、シェアリングサービスの利用者が増加しています。シェアリングサービスとは、個人や企業が保有するものを他人と共有し、貸し借りする新しい一つのビジネスモデルのことです。

学生たちは、異なる職業の利用者たちがオフィス環境を共有する「コワーキングスペース」や、一つの住居を複数人で共有して暮らす「シェアハウス」に焦点を当てて取材しました。吉田さくらさんは、国際交流型シェアハウス「HASH196」に1カ月間滞在して住民たちと交流し、多様な人々が集まって互いに刺激し合う環境を記事にまとめました。シェア(共有)することで新しい価値を生み出すことの魅力を伝え、審査員から高く評価されました。

2月17日(水)、WEB会議システムZoomを利用して「2020 CHIBA UNIVERSITY PRESS」の閉講式が開催され、学生たちに賞状と副賞の授与が行われました。
出席した学生たちは、「シェアハウスでの生活がとても良い経験となった」「初めて自主的に参加したいと思った企画で、このような結果を残すことができて本当にうれしい」「コロナ禍でも企画を中止にせず、参加する機会をもらえて有難い」などと感想を述べました。

学生たちが制作した紙面は、千葉日報社サイト内「CHIBA UNIVERSITY PRESS特設ページ」で公開されています。

●CHIBA UNIVERSITY PRESS特設ページ(外部リンク)
https://www.chibanippo.co.jp/cup/

ナビゲーションの始まり