1月10日(水)、短大総合文化学科の学生2名がガレット・デ・ロワコンテスト表彰式で表彰を受けました

昨年11月16日(木)に行われた第21回ガレット・デ・ロワコンテストのエスポワール部門(学生および菓子愛好家部門)において、総合文化学科の学生2名がそれぞれ2位・3位に入賞しましたが、1月10日(水)にその表彰式が東京港区のフランス大使公邸で行われました。

表彰式は「サロン・ドゥ・ガレット・デ・ロワ」 と言ってフランス大使にガレット・デ・ロワを献上し、大使をはじめ各界の来賓やコンテスト主催のクラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ会員とともにエピファニー(公現祭)をお祝いするイベントの中で行われました。フィリップ・セトン フランス駐日大使と永井裕之 クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ会長の挨拶の後、表彰式に移り、総合文化学科の学生2名も壇上に上がり表彰を受けました。

この後、大使へ巨大なガレット・デ・ロワが献上され、参加者全員でガレット・デ・ロワをいただき交流を深めました。学生2名も来賓や会員のシェフから激励の言葉をいただき、とてもよい経験になりました。

詳細は、総合文化学科ブログをご覧ください。

 

今回の表彰につきまして、「J:COMチャンネル」にて放映されます。ぜひご覧ください。
◆番組名:J:COMチャンネル(地デジ11ch)  ジモトトピックス
◆放送日時:2月17日(土) 11時00分~ (2月23日(金)まで再放送あり)
◆番組HP:(外部リンク)
◆放送エリア:松戸市・流山市・野田市・柏市・我孫子市・鎌ヶ谷市・白井市のJ:COMサービスエリア視聴可能エリアの方はぜひご覧ください。

ナビゲーションの始まり

グローバル
特待制度
オープン
キャンパス
WEB出願