12月15日(金)、短期大学総合文化学科が令和5年度「地域貢献活動の実践」報告会を開催いたしました

短期大学総合文化学科では、1年生が春学期から継続して取り組んできた「地域貢献活動の実践」報告会を12月15日(金)に開催しました。当日は来賓として、松戸市役所、UR都市機構、岩瀬自治会、株式会社松戸活性舎の方々がお越しくださり、講評やご感想をいただきました。活動テーマは3つあり、それぞれの概要は以下の通りです。

岩瀬自治会と交流を図るグループは、たくさんの行事に参加して、主に子ども向けの遊びコーナーを企画、運営しました。親子で安全に楽しんでもらうことを考えて、型抜きや輪投げなど色々なコーナーを設営し、多くの方々と交流することができました。

UR常盤平団地古本まつりグループは、10月に古本まつりを開催しました。本から名言を抜き出してポップで紹介したり、手作りのお土産を差し上げたりして地域の皆様に喜んでいただくことができました。

製菓・フードの名品づくりグループは、枝豆、ネギ、梨、宇宙かぼちゃの4グループに分かれてレシピを開発しました。聖徳祭でも宇宙かぼちゃのパウンドケーキを販売し、合計183個が完売しました。

地域の皆様からは、「学生の皆さんのアイディアや取り組みにとても感銘を受けた」との感想をいただきました。報告会を通じて、改めて地域連携の意義を考える機会となりました。

※総合文化学科については、こちらをご覧ください。

当日の様子が「J:COMチャンネル」にて放映されます。ぜひご覧ください。
◆番組名:J:COMチャンネル(地デジ11ch)  ジモトトピックス
◆放送日時:12月23日(土) 11時00分~ (12月29日(金)まで再放送あり)
◆番組HP:(外部リンク)
◆放送エリア:松戸市・流山市・野田市・柏市・我孫子市・鎌ヶ谷市・白井市のJ:COMサービスエリア視聴可能エリアの方はぜひご覧ください。

ナビゲーションの始まり

グローバル
特待制度
オープン
キャンパス
WEB出願